ご注文受付中:8月14日(水)11時~25日(日)13時(お届け時期:10月末~11月上旬頃)
次回ご注文受付:8月14日(水)11時~25日(日)13時(お届け時期:10月末~11月上旬頃)

3cmヒールの幅狭サンダル、Lisaについて

優しいリーフトウ、太めの3cmヒールで安定感のあるサンダルです。

指の付け根をしっかり包むパイソン柄の帯は、素足で履きたいソフトな足当たりで頼れるホールド感です。甲の立ち上がりまで覆っているので、パンプスでは履き口が当たるという方でも安心してお履きいただけます。足首ベルトは、後ろクロスだと歩く動作でクロス部分が上下して靴擦れになりやすいので、前クロスにしました。

サイズ感のお話

Monicaと同じ木型5なので、他に比べて一回り小さめです。さらに甲部分の素材が柔らかく伸びやすいため、きつめに仕上げています。底面はサンダル用に足長を短くカットしていますが、MonicaやDorisよりも履き感は細長い印象になります。Monicaがちょうどよければ同じサイズ、Monicaや他のサンダルの足囲がゆるければLisaは足長を下げてもいいでしょう。

足囲部分は、初めて足を入れた時は適正サイズでもきつく感じられます。サンダルは馴染みが早いので、少しずつ慣らしてご自身の足に馴染ませていってください。例えばMonicaが36Aの方は、Lisaも足に馴染ませていって36Aでお履きいただけるようになっています。伸びやすいので初めからゆったりめを選ばない方が間違いないでしょう。

底がリーフトウなのでギリシャ型や傾斜の強いエジプト型の足との相性がベストです。スクエア型の足は合いにくい形です。

内振り(足の中心線が内カーブ)の足に合いやすく、外振り(足の中心線が外カーブ、つま先が外向きに流れている)の足ですと親指の外側が余り、薬指や小指がきつくなり、かかとも横にずれやすくなります。

※この型は甲が薄いので、FloやDaisyでベルトがきつい、RobinやJeremyで甲がパンパンと感じる方にはお勧めしません。

なお、A、AA、AAAの足囲差が大きく、足長・ワイズが下がるとかなり細くなります。

※AAとAAAは底面の幅は同じですが、木型の肉付きが変わります。

素材のお話

足囲を包む帯の部分はとてもソフトなパイソン柄の山羊革です。筒状に縫ってあるため、端が柔らかく靴擦れが出来にくくなっています。ブロンズにはアンティック加工を施し色ムラ、光沢ムラを出しているので、ギラギラせず上品な茶系の濃淡が現れます。

足首ベルトやヒール、中底には艶のある山羊革を使っています。


お手入れはパイソン柄部分はクリーム等は使わず、防水スプレー程度で。ベルトやヒール部分は通常のクリーナーと、革と同色あるいは無色のクリームをお使いください。

色のお話

黒はハーフマットな印象のパイソンと光沢のあるスムースのシックなコンビ。

黒xアイボリーは同じ黒のパイソンに、少し黄味のあるアイボリーの組み合わせです。軽さがありながらポイントカラーとしての黒が効いています。

ブロンズxアイボリーは、ブロンズに茶系の濃淡が出て大人っぽい組み合わせです。黄み肌の方にお勧め。

ブロンズxアイボリーは、底とトップリフト(ヒールの底)がベージュになります。(画像ではトップリフトが黒になっていますが、ベージュになります。)

ページの一番上へ