ご注文受付中:9月14日(木)11時~20日(水)13時(お届け時期:11月下旬~月末頃)
次回ご注文受付:10月12日(木)11時~18日(水)13時(お届け時期:2017年12月下旬~月末頃)

エナメルとスタッズ使いの幅狭バレエシューズParisについて

Nicoleのスタッズバージョン、甘さ控えめのバレエシューズです。 おすましなNicoleに対して少しくだけた、大人の余裕?カジュアル感とモード感を併せ持つ、なかなかのツワモノです。 つま先にはエナメルと小さなスタッズ。ボディの素材によって雰囲気がガラリと変わるので、色違いで揃えられる方も増えてきました。お洋服を選ばないのも人気の理由ですね。

サイズ感のお話

履き口にゴムがあしらわれているので、靴が足についてきてくれ、甲の低い方には安心なタイプです。履いた後には甲の履き口に少しゴムの跡が残るかもしれませんが、それはこういったデザインの宿命ではあります。跡の付き具合が尋常じゃない! 履いている時にゴムがすでに痛い! という方はご相談ください。全体に伸ばした方がいいかもしれません。幅は狭くても甲は十分高い、という方の中には、ゴムがちょっと喰い込むということもありますので。基本的には、最初はちょっときついのかな?くらいの感じで、履き慣らしてご自分の足に馴染ませていく、というのがベストではあります。 足長については、市販のバレエシューズ(特にインポート)は、つま先ギリギリまで足の指が入る設定だったりしますね。Chochotteの場合は、必ずつま先に1cm以上捨て寸があることをお勧めしています。いわゆる本格的ダンスシューズとは作りが違いますので、ギリギリまで指が入ってしまうと歩いていて苦しくなってしまうのです。

素材のお話

アニマル柄シリーズはピッグスエードにプリント加工したものです。薄手の革なので、足の形に馴染むのはとても早いです。

無地の黒は、アニマル柄よりも厚みがあり少ししっかりした履き心地、ツヤがあります。

無地のキャメル、グレー、アイボリーは、マットでしなやかな質感、かすかに色ムラをつけたニュアンスのある素材です。お手入れは無色のクリームで。

※エナメル部分はエナメル専用のお手入れ用品をお使いください。

 

色のお話

アニマル柄アイボリーは、アイボリー地にグレーとピンクベージュの斑、アニマル柄ベージュはピンク味のあるベージュ地に黒とライトブラウンの斑、アニマル柄ブラウンは黄味ベージュ地に黒とブラウンの斑。 アイボリーとベージュは画像では違いがわかりにくいですが、遠目に見た全体的な印象を色名にしています。 ゼブラはグレイッシュな白地に黒の縞柄です。いずれもスタッズはゴールドです。

無地のキャメルは少しコクのあるキャメルベージュ。赤みや黄みが強くないので合わせやすい色です。スタッズはゴールド。

無地のグレーはほのかにラヴェンダーを感じさせるライトグレー。強い光の下ではベージュにも見える曖昧色です。スタッズはシルバーです。

無地のアイボリーはミルクのような優しいオフホワイト。スタッズはシルバーです。

ページの一番上へ